ワキガ手術の現状とリスク

お子さんのワキガ手術の情報です。

こんにちは、多磨の舌間です。
福岡のオフィスよりお届けいたします。

では、本日のテーマですが、お子さんのワキガ手術につきまして10件の
病院にお電話でお聞きしてみました。

その結果は
___________________
■ 子供でも手術は可能ですか?
10件中5件は、大丈夫とのことでしたが、3件はレーザー治療であれば
大丈夫ですとのことでした。

残りの2件中1件は、男子16歳以上で、女子14歳以上であれば
お受けしますとのお答えで、あと1件18歳以上であればお受けします
とのご回答でした。
___________________

私自身は、どのような方法であってもお子さんのワキガ手術はリスクが
高すぎて、おすすめすることはできません。

中には良心的にそのリスクを記載されていた病院サイトのQ &Aを
ご紹介いたします。

===================
■ 後遺症の可能性は?
後遺症は、まったくないとは言い切れません。
場合によっては、発汗機能に乱れが生じたり自立神経が乱れたりといった
リスクはあります。

■ 子供さんでもワキガ手術は可能でしょうか?
アポクリン汗腺は、思春期に発達するため成長過程でワキガ手術をしても
後から出てくる汗腺があります。
個人差はありますが、女子14歳、男子16歳以上で手術をされることを
おすすめします。
===================

このように記載されていた病院もあり少しは安心いたしましたが、年齢に
関係なく体に良いことでないと私は思っています。

最新と言われる「ミラドライ」「ビューホット」などのレーザー治療も
汗腺自体の機能を停止破壊することに変わりはありません。
実際に手術ご経験者のお辛いお話もたくさんお聞きしています。

私の総合的な見解としましては、高額でリスクの高いワキガ手術は慎重に
お考え下さい。

最近、レーザー治療などのご相談が多くなり心配になりましたので、
私自身の見解をお伝えしたいと思いました。

ご参考にしていただければ幸いです。

 

体臭カウンセラー 舌間忠利
株式会社多磨 代表
体臭カウンセラー 舌間忠利
体臭(ワキガ)の問題は、とてもデリケートな問題ですので、ご家族や親しい友人にもなかなか相談できないものです。
お一人で悩み抱え込まれないで、どんなことでもご相談下さい。
私と一緒に明るい明日を手に入れましょう。

関連記事

TOP