ワキガの基礎知識と正体

汗腺を鍛えて、体臭(ワキガ)を軽減させよう!

体臭(ワキガ)が気になる方は、出来るだけ汗をかかないようにしようと思いがちです。

 

汗は体温調整や老廃物排出など、身体にとってはなくてはならないものです。

良い汗を上手にかくことが大切なのです。

 

もともと汗そのものにはニオイはないのですから、無理に汗をおさえてしまうと代謝が悪くなり臭くなるのです。

より濃くなった汗は、皮膚の細菌などと混ざりいっそう体臭(ワキガ)を強くしてしまいます。

 

だから汗腺を鍛えるのです。

汗腺を鍛え、汗をかくことが逆に汗の量を減少させることにつながります。

 

まずは体を動かすことです。

運動といっても、筋肉トレーニングのような激しい動きではありません。

じっとりと肌が汗ばむ程度でいいのです。

ウォーキングやエアロビクスなど、体に酸素を取り込める運動をしてください。

酸素が体にいきわたると体臭(ワキガ)のニオイのもととなる乳酸が出なくなります。

 

また半身浴もお勧めです。

42~43℃くらいのお湯を湯船に20cmほど張り、肘から先と膝から下がつかるようにします。 要は下半身と肘から下がつかればいいのです。

足は湯船に伸ばしてもかまいません。

10分~15分つかってください。

 

手足に集中している汗腺が刺激され、5分くらいで汗が出てきます。

 

ある程度汗が出たら水をたし36~37℃に温度をさげ、半身浴でも全身浴でもかまいません。

ゆったりとリラックスしてください。

続けることで汗腺が鍛えられ、良い汗をかける身体になり体臭(ワキガ)を軽減させることにつながります。

体臭カウンセラー 舌間忠利
株式会社多磨 代表
体臭カウンセラー 舌間忠利
体臭(ワキガ)の問題は、とてもデリケートな問題ですので、ご家族や親しい友人にもなかなか相談できないものです。
お一人で悩み抱え込まれないで、どんなことでもご相談下さい。
私と一緒に明るい明日を手に入れましょう。

関連記事

TOP