ワキガの基礎知識と正体

ストレスと体臭(ワキガ)の関係

ストレスをため込んでしまうと、体臭(ワキガ)が強くなると言われています。

ストレスとは、なかなか表現が難しいのですが、簡単に言うと何らかの刺激によって心と体に起こる変化のことを言います。

 

私たちの身体は、体温や脈拍のように一定の状態に保とうとする性質があるので、環境や生活に変化がおこると多くのエネルギーを消耗して順応しようとします。

 

体臭(ワキガ)はアポクリン腺からの汗が、皮膚の雑菌と混ざりニオイを発生させます。

ストレスや緊張感が高まってくると、発汗が促されアポクリン腺からの汗が多くなります。

またアドレナリンなどのホルモンも活発になり、皮脂の分泌も同様に多くなりますので、ストレスや緊張は体臭(ワキガ)を強くさせてしまうのです。

 

体臭(ワキガ)が気になる人は、趣味を楽しむなど何か好きなことに没頭したり、読書や散歩などで気持ちを落ち着かせるなど気分転換することに努めましょう。

また魚や豆腐などのたんぱく源は、脳や体の疲労を回復させるアミノ酸がたっぷりと含まれていますので、食事に取り入れることもストレスから遠ざけくれます。

体臭(ワキガ)の軽減につながるでしょう。

体臭カウンセラー 舌間忠利
株式会社多磨 代表
体臭カウンセラー 舌間忠利
体臭(ワキガ)の問題は、とてもデリケートな問題ですので、ご家族や親しい友人にもなかなか相談できないものです。
お一人で悩み抱え込まれないで、どんなことでもご相談下さい。
私と一緒に明るい明日を手に入れましょう。

関連記事

TOP