ワキガの基礎知識と正体

呼吸法で汗を克服しよう

体臭やワキガを気にする人にとっては、汗に対するイメージは良いものではありません。

しかし、汗は私たちの身体にとってとても重要な役割をしています。

食事や激しいスポーツで体温が急激に上がった時などは、汗をかくことで体温を下げる調整をしたり、身体の毒素なども排出する大切な役割もあります。

 

ですが、大量の汗をおさえたいときもありますよね。

そんなときは、呼吸をコントロールすることで汗をおさえることに繋がります。

 

たとえば、息を速くして空気を激しく出し入れすれば、それにつれて心臓の鼓動も速くなり血圧も上がります。

逆にゆっくり深呼吸すると鼓動も速くなり、血圧も下がります。

 

それは血のめぐりと汗をおさえることに関係があるからなのです。

 

ゆったりと深い呼吸をすると、脳波がアルファ状態になります。

これは心が落ち着いた時にできる波形です。

このような状態になると、全身の筋肉の血のめぐりが良くなりリラックスすることができ、汗をおさえる効果があるのです。

これを効率的にするには、とても簡単な方法があります。

 

先ずお腹を引っ込めるようにして、古い空気をできるだけ吐き出します。

次に、お腹の筋肉をゆるめて自然に空気をとり入れます。

そして、そのまま息を止めます。

 

リズムは、吐くとき2秒、吸うとき1秒、息を止める長さは、吸った時の4倍で4秒です。

つまり、「吐いて」「吸って」「止めて」を2:1:4で行いましょう。

 

そうすることで汗をおさえる効果があります。

体臭カウンセラー 舌間忠利
株式会社多磨 代表
体臭カウンセラー 舌間忠利
体臭(ワキガ)の問題は、とてもデリケートな問題ですので、ご家族や親しい友人にもなかなか相談できないものです。
お一人で悩み抱え込まれないで、どんなことでもご相談下さい。
私と一緒に明るい明日を手に入れましょう。

関連記事

TOP