ワキガの基礎知識と正体

体臭(ワキガ)と腸内環境の関係とは?

内面からのニオイ対策には、食生活が大切なことはお話してきましたね。

特に肉類は体臭・ワキガを強くさせてしまうので、魚介類や野菜・豆類などでタンパク質を補い和食中心の食生活が重要となります。

 

しかし腸内環境が良くないと老廃物が血液中に入り込み、皮脂腺から排出されてニオイの原因となってしまいます。

 

その為には腸内環境を整える必要がありますので、食物繊維や乳酸菌の摂取が必要となりますね。

食物繊維は野菜やきのこ類から、また乳酸菌はヨーグルトの動物性のものよりも味噌やキムチなどの植物性から摂るとよいでしょう。

そのほうが乳酸菌は生きたまま腸に届く可能性が高いので積極的に摂るようにしてください。

 

腸内に老廃物が滞らない食生活で体臭(ワキガ)を軽減しましょう。

体臭カウンセラー 舌間忠利
株式会社多磨 代表
体臭カウンセラー 舌間忠利
体臭(ワキガ)の問題は、とてもデリケートな問題ですので、ご家族や親しい友人にもなかなか相談できないものです。
お一人で悩み抱え込まれないで、どんなことでもご相談下さい。
私と一緒に明るい明日を手に入れましょう。

関連記事

TOP