ワキガの基礎知識と正体

お酒は体臭(ワキガ)を強くさせる・・

1日の終わりのアルコールはとても気持ちがいいもの・・
お酒を嗜む人にとっては最高の時間ですね。

でもそのお酒が体臭やワキガを強くさせているとしたら・・
気になりますね。

アルコールを分解するには肝臓が大きな役割をしていますが、実は肝臓には、皮脂の分泌を促進する余分な「黄体ホルモン」を壊してくれるという働きがあります。
しかし、お酒を毎日たくさん飲んでいると肝臓は疲れてしまいます。
そうすると「黄体ホルモン」を壊すことができないので、皮脂分泌が過剰になり、臭いの強い汗が出るようになるのです。

結果、体臭やワキガを強くさせる傾向があります。

またアルコールには摂取することで、血管を広げて体温を高めにする作用がありますから、汗腺を活発にすることにつながります。

つまり、汗をたくさんかくということになるのです。

適度なお酒は健康にも良いですが、過剰な摂取はなにごともよくありません。

くれぐれも適量で楽しみましょう。

体臭カウンセラー 舌間忠利
株式会社多磨 代表
体臭カウンセラー 舌間忠利
体臭(ワキガ)の問題は、とてもデリケートな問題ですので、ご家族や親しい友人にもなかなか相談できないものです。
お一人で悩み抱え込まれないで、どんなことでもご相談下さい。
私と一緒に明るい明日を手に入れましょう。

関連記事

TOP