ワキガの基礎知識と正体

体臭(ワキガ)とタバコの関係

タバコとワキガ・・一見あまり関係がないように思われますが実は汗との関わりがあります。

原因はニコチンにあると言えます。
ニコチンには神経を刺激し活発にさせる働きがあり、主に2つの神経に作用することで体臭(ワキガ)を強くさせる要因となります。

1つは中枢神経での感情や行動を司る調節中枢を刺激することにより、調節中枢にある体温を調節する部分までニコチンが刺激してしまうのです。

2つ目はニコチンは交感神経も刺激することがあります。
ワキガの原因であるアポクリン腺の一部は交感神経の刺激で分泌が促進されますので、
結果的にはワキガ臭が強くなるということなのです。

タバコのニオイだけでも不快と感じる人も多いですが、体臭(ワキガ)と混ざって悪臭になるだけではなく、
ワキガのニオイそのものを増幅させてしまう恐れがあるんです。
こうなってしまうとタバコを吸っていない時でもワキガ臭が強くなる傾向となります。

本数からのデータによりますと、1日に10本程度の喫煙であれば特に気にすることもないようですが、20本以上になるとアポクリン腺の活動が活発になってしまうと出ているようです。
喫煙されている方は本数を調節しましょう。

体臭カウンセラー 舌間忠利
株式会社多磨 代表
体臭カウンセラー 舌間忠利
体臭(ワキガ)の問題は、とてもデリケートな問題ですので、ご家族や親しい友人にもなかなか相談できないものです。
お一人で悩み抱え込まれないで、どんなことでもご相談下さい。
私と一緒に明るい明日を手に入れましょう。

関連記事

TOP