ワキガの基礎知識と正体

洗いすぎは体臭をつよくする?

汗が皮膚の雑菌と混じることからニオイが発生します。
ですから皮膚を清潔にすることは重要となりますが、それに伴って石鹸にもこだわり消臭専用のものを使用する人が多いようです。

しかし体臭(ワキガ)は、石鹸だけではおさえることはできません。
石鹸はあくまでも体を清潔にする補助的なものと思いましょう。

また石鹸は体臭専用の高価なものよりも、肌に優しい、無添加の石鹸でも十分汚れを落とすことができます。

そして石鹸だけではなく、洗い方にも注意することでより効果的に体臭(ワキガ)を軽減できます。

清潔にしたいがために、必要以上にゴシゴシと赤くなるまで洗うと皮膚を保護している膜を壊してしまい、かえって体臭(ワキガ)を強くさせてしまう可能性があります。

皮膚の保護膜が壊れてしまうと、皮膚に酸素が送られなくなり、皮膚の下の血管に乳酸が増えてしまいます。
そうなるとニオイの強い、ネバネバとした悪い汗をかきやすくなってしまいます。

健康な皮膚には表皮ブドウ球菌という菌が存在して、これは体臭を防ぐ菌とも言われています。
この菌まで洗い流してしまってはいけません。

石鹸を良く泡立て、なでるように優しく洗うだけでも十分汚れは落ちます。
使用するタオルも柔らかいものか手でもいいですよ。

体臭カウンセラー 舌間忠利
株式会社多磨 代表
体臭カウンセラー 舌間忠利
体臭(ワキガ)の問題は、とてもデリケートな問題ですので、ご家族や親しい友人にもなかなか相談できないものです。
お一人で悩み抱え込まれないで、どんなことでもご相談下さい。
私と一緒に明るい明日を手に入れましょう。

関連記事

TOP