ワキガの基礎知識と正体

水分を控えると体臭(ワキガ)は軽くなるの?

汗の役割は、体温を調整するために出るものです。
また汗そのものにはニオイはありません。

水分補給をしなければ汗をかくこともないだろう、そうすればニオイもでることがないだろうと、
できるだけ水を飲まないようにしている人もいるかもしれません。

しかし、これはかえって汗の質を悪くさせニオイを強くさせてしまいます。

たくさん水を飲むと余計に汗が出るように思われがちです。
確かに体内に十分な水分がなければ、汗をかくという機能が正常に働かなくなってしまうため、汗の出は少なくはなります。
ですが、体内での水分が不足すると出る汗の濃度が濃くなるので、結果、汗が臭くなってしまうのです。

汗のニオイを抑えるには、まず水をしっかりと1日2ℓを目安にこまめに摂取することが大切です。
汗を正常にかいて代謝をよくさせることも重要です。

また塩分が多い食品も、体臭がきつくなってしまう原因となりますので気をつけましょう。
塩分を多く摂取すると、血液中で多くの水分を必要とするため、体内の水分が血液中に流れ込みます。
すると、体内の他の部分で水分が不足し、汗に含まれる水分も少なくなります。

よって出る汗の濃度が濃くなるので、体臭(ワキガ)をつよくさせてしまいます。

体臭カウンセラー 舌間忠利
株式会社多磨 代表
体臭カウンセラー 舌間忠利
体臭(ワキガ)の問題は、とてもデリケートな問題ですので、ご家族や親しい友人にもなかなか相談できないものです。
お一人で悩み抱え込まれないで、どんなことでもご相談下さい。
私と一緒に明るい明日を手に入れましょう。

関連記事

TOP