ワキガの基礎知識と正体

体臭(ワキガ)とアンモニア臭

ワキガ体質だとアンモニアのニオイがしますか?
とのご質問を受けました。
身体全体から感じるアンモニア臭は、ワキガや汗のニオイとは異なります。

汗そのものにはニオイはありません。
皮膚の雑菌と混じってイヤなニオイへと変化していきます。
しかし、アンモニア臭は皮膚の表面上の雑菌ではなく、体内から出るアンモニアが原因となっていて、それにより体臭となるものです。

ではどうしてそのようなニオイとなるのでしょうか・・・
実はアンモニア臭のする汗は、疲れや体調不良のサインといえるのです。

身体が健康な状態なら、肝臓で尿素に分解されたのち解毒され尿と一緒に排泄されますのでアンモニアが蓄積されることはありません。
しかし、疲労や体調不良などで肝臓のはたらきが弱まると、体内でのアンモニアを分解する能力が低下します。
すると、肝臓で分解されなかった体内のアンモニアが血液とともに全身に循環し、皮膚の毛穴から出る汗や皮脂に含まれてしまい、アンモニア臭となるのです。

疲れがたまると腎臓のろ過機能や、肝機能や消化機能の低下につながり、
腎臓の働きである、アンモニアをろ過し、尿と一緒に排泄することが出来なくなるのはこのためです。
専門の病院で診てもらうことをおすすめします。

体臭カウンセラー 舌間忠利
株式会社多磨 代表
体臭カウンセラー 舌間忠利
体臭(ワキガ)の問題は、とてもデリケートな問題ですので、ご家族や親しい友人にもなかなか相談できないものです。
お一人で悩み抱え込まれないで、どんなことでもご相談下さい。
私と一緒に明るい明日を手に入れましょう。

関連記事

TOP