ワキガの基礎知識と正体

ワキガ臭はエタノールで消える?

ワキガ臭を消すにはテタノールが有効との記事を目にしたことがありますが、これには少し疑問を感じます。

エタノールとは、アルコールの1種で消毒に使われているものです。
ワキガ臭は、アポクリン腺からの汗が皮膚の雑菌と混じって、ニオイとなりますから、確かにアルコールによって、脇の細菌を殺菌することができるので、一時的にはニオイは消えるかもしれません。

しかし、殺菌された雑菌も数時間後には元通りに増えてしまいますので、ワキガ臭の対策とはならないでしょう。

それどころか、エタノールで脇を毎日拭いていると、肌荒れや湿疹の原因となり、また黒ずみの原因となりかねないのです。
エタノールは、肌のバリア機能を低下させてしまうため、結果、敏感肌になりワキガだけでなく、汗臭なども簡単に臭いやすい体質になってしまうのです。

また消毒用アルコールの殺菌力は非常に強力ですから、アルコールが体質に合わないアルコール過敏症の人は、使用することでかゆみがでたり、皮膚が赤くなってしまう場合があります。

それよりも、毎日、入浴をして、汗をかいたらすぐに拭くなど常に清潔を心掛けているほうが、ニオイを抑えてくれます。

体臭カウンセラー 舌間忠利
株式会社多磨 代表
体臭カウンセラー 舌間忠利
体臭(ワキガ)の問題は、とてもデリケートな問題ですので、ご家族や親しい友人にもなかなか相談できないものです。
お一人で悩み抱え込まれないで、どんなことでもご相談下さい。
私と一緒に明るい明日を手に入れましょう。

関連記事

TOP