ワキガの基礎知識と正体

自臭症ってなに?ワキガ臭との関わりは?

現代社会は、今までにないくらい清潔志向がすすみニオイに対しても少し異常と思われるほど敏感ですね。

その影響もあってか、本当はニオっていないのに体臭が強いまたはワキガだと思い込んでしまう場合があります。

自臭症と呼ばれるものです。

自臭症はちょっとしたキッカケで起こります。
例えば、お昼休み食事を終えてオフィスに戻ったときに、「なんか臭くない?」とう同僚の何気ない言葉が自分に向けられたように感じたことから、自臭症になってしまうことも少なくありません。

ましてや「ひょっとしたら、自分はワキガかもしれない・・・」と思っていたとしたら、その言葉がキッカケで「やっぱり私はワキガなんだ」と確信してしまうのです。

そうなってしまうと、他人のしぐさが気になってしまい、鼻に手をあてる.鼻をすするのを見るだけで、常に自分は臭いのではないかという考えが頭から離れなくなり、一日に何度もシャワーを浴びたり、服を頻繁に着替える、デオドラントを必要以上に使うなどしないと落ち着かなくなります。
また自分の存在は周りに迷惑なものと思い込み、人が大勢集まる場所を避けるようにもなり、ひどい場合は閉じこもってしまうようにもなってしまいす。

家族にワキガの人はいない・耳垢は乾燥している・汗をかいても黄色い汗ジミはできないのであれば、ワキガ体質ではありません。

体臭は誰にでもあるものです。
毎日、入浴をして清潔にしていれば他人に迷惑をかけるようなニオイは発してはいないのです。

体臭カウンセラー 舌間忠利
株式会社多磨 代表
体臭カウンセラー 舌間忠利
体臭(ワキガ)の問題は、とてもデリケートな問題ですので、ご家族や親しい友人にもなかなか相談できないものです。
お一人で悩み抱え込まれないで、どんなことでもご相談下さい。
私と一緒に明るい明日を手に入れましょう。

関連記事

TOP