ワキガの基礎知識と正体

脇汗パッドの注意点

ワキガ臭と汗の量の関係は比例しませんが、汗が皮膚の雑菌と混じることでニオイとなりますので、こまめに拭くのが望ましいです。
とは言っても、汗を大量にかく夏場は汗シミが気になりますね。

そこで衣服のためにも脇汗パッドが便利です。
利用されている方も多いとは思いますが、少しの注意点を知っているだけで有効に使用できるのでポイントをおさえておきましょう。

冬場は洋服の重ね着であまり目立つことはありませんが、薄着になる夏場には脇汗パッドが衣服から透けて見えてしまっていることがあります。
そうなるとせっかくのおしゃれも台無しですね。

色々なタイプの脇汗パッドがありますが、インナー付きのものであれば肌の色に近いベージュなどが目立ちにくいです。

また洋服に貼るタイプは自分の脇と位置がずれてしまったり、素材によってはかぶれてしまうこともありますので注意しましょう。
最近は肌に優しい綿素材で洗うことが出来るタイプもありますので、こちらの利用が良いかもしれません。
但し長時間の使用は、ワキガ臭などニオイがこもってしまうこともありますから、こまめに洗い清潔なものを付けるよう心掛けてください。

また直接、肌に貼るタイプもありますが、汗の量が多いと剥がれることもあり、さらに毎日、使用していると肌に痒みや赤みを起こす原因となりますので、こちらも注意が必要です。

自分の用途に合わせて使い分けをしましょう。

身につける衣服の色によっても、汗シミを目立たせなくすることもできます。
グレー、カーキ、青、などは濡れると色が濃くなり目立ちますので、白、黒、紫などを選びましょう。
また、細かい柄物や細いボーダー柄も目立ちにくいです。

体臭カウンセラー 舌間忠利
株式会社多磨 代表
体臭カウンセラー 舌間忠利
体臭(ワキガ)の問題は、とてもデリケートな問題ですので、ご家族や親しい友人にもなかなか相談できないものです。
お一人で悩み抱え込まれないで、どんなことでもご相談下さい。
私と一緒に明るい明日を手に入れましょう。

関連記事

TOP