ワキガの基礎知識と正体

なぜお肉は体臭・ワキガに良くないのか・・・

欧米化した食事・・・特に肉類や乳製品はなぜワキガを強くさせてしまうのでしょうか・・

 

肉にはタンパク質が豊富です。

体内に入ったタンパク質はアミノ酸となって吸収されますが、そのアミノ酸の一部からアンモニアが生成されます。

本来ならこのアンモニアは肝臓で尿素に合成され、腎臓から尿に排泄されるのですが、すべて尿や便で排泄されるのではありません。

アンモニアの一部が大腸から吸収されて、呼気や汗腺からでてしまうのでニオイとなります。

さらにタンパク質は消化や分解に時間がかかりますので、食べ物が腸内に長くとどまっているため、発酵されて腐敗臭を発する原因となるのです。

 

またタンパク質の消化には多くのエネルギーが必要なので、体温があがり汗もかきやすくなります。

 

肉類を食するときは、なるべく早く尿や便として排出することが大切です。

その為には、食物繊維が豊富な食材、たとえば豆類やパセリ、ごぼうなどを一緒に摂ることを心掛けましょう。

体臭カウンセラー 舌間忠利
株式会社多磨 代表
体臭カウンセラー 舌間忠利
体臭(ワキガ)の問題は、とてもデリケートな問題ですので、ご家族や親しい友人にもなかなか相談できないものです。
お一人で悩み抱え込まれないで、どんなことでもご相談下さい。
私と一緒に明るい明日を手に入れましょう。

関連記事

TOP