ワキガの基礎知識と正体

良い汗と悪い汗

ワキガ体質の方は、なるべく汗はかきたくない、努めてかかないようにしている方が多いですが、

汗は体温調整・老廃物を排出などなくてはならないものです。

汗にはお風呂に入った時の汗、スポーツの汗、熱帯夜の汗、冷や汗、あぶら汗といろいろな汗があるのですが、いずれにしても質の良い汗をかきたいものです。

 

では、その質の良い汗には3つの条件があります。

__________________

1)

良い汗は肌の上ですぐ乾く。

汗の最大の役割は蒸発することにより体温を下げることです。

その為にはすばやく乾き体温を下げる汗です。

 

2)

良い汗は限りなく水に近い。

汗は尿と違って排泄物ではなく、血漿の大切な成分が含まれています。

成分を含まない水に血漿成分が含まれる限りなく水に近い汗です。

 

3)

良い汗は要所をおさえて仕事をする。

体温が上がった時にすばやく必要な量だけ出て体温調節をする汗です。

不必要な時にムダに出ない汗です。

 

反対に悪い汗とはネバネバと濃くてダラダラと流れる汗のことを指します。

このような汗は体温の調節にはならず、体の貴重な成分を浪費するだけの無駄な汗となります。

 

誰も汗が大好きということではありませんがスポーツなどして気持ちよく汗をかきシャワーを浴びた時の爽快感はたまりませんよね。

 

これも汗をかかなければ体感できないことです。

質の良い汗ならニオイも気になりません。

私たちの体になくてはならない汗の存在も少しは好きになってあげましょう。

体臭カウンセラー 舌間忠利
株式会社多磨 代表
体臭カウンセラー 舌間忠利
体臭(ワキガ)の問題は、とてもデリケートな問題ですので、ご家族や親しい友人にもなかなか相談できないものです。
お一人で悩み抱え込まれないで、どんなことでもご相談下さい。
私と一緒に明るい明日を手に入れましょう。

関連記事

TOP