ワキガの基礎知識と正体

ワキガ臭と汗の関係!

ワキガ臭の原因は、汗に含まれる毒素やアモニアと肌の雑菌が混ざることで臭いが発生します。

特にワキの下のアポクリン汗腺から出る汗は、毒素やアモニア成分が多いため臭いに変化しやすいのです。

また、汗には良い汗と悪い汗があります。
その違いは役割を上手に果たしているかいないかの違いがあります。
汗は体温調節をするという大切な役割がありますが良い汗は体の貴重なミネラルなどの成分を含まず、体温を調節してくれる汗です。

しかし、
悪い汗はたくさん出ていても貴重な成分も一緒に放出してしまう汗です。

汗そのものにも違いがあり、良い汗はさらさらした小粒な汗で、肌の表面ですぐに乾きたい温調節も上手にできますが、悪い汗はねばねばした大粒の汗で乾きにくく体温調節もできず
貴重な成分も外に出してしまいます。

悪い汗は蒸発しにくいので、雑菌の繁殖が起こりやすく汗のにおいも強くなります。
良い汗にするためには、生活習慣の改善や食事改善などで変えることができます。

体臭カウンセラー 舌間忠利
株式会社多磨 代表
体臭カウンセラー 舌間忠利
体臭(ワキガ)の問題は、とてもデリケートな問題ですので、ご家族や親しい友人にもなかなか相談できないものです。
お一人で悩み抱え込まれないで、どんなことでもご相談下さい。
私と一緒に明るい明日を手に入れましょう。

関連記事

TOP