ワキガの基礎知識と正体

衣服についたらなかなか取れないワキガ臭

洗濯しても自分の衣類だけニオイが残っている・・・
1度ついてしまうとなかなか取れないのがワキガ臭です。
洗いたてでもニオイが残っているとそれだけで周りに臭ってしまいますね。

クリーニングに出してもニオイが取れないとお悩みの方も多いです。
実はクリーニングにはドライと水洗いがあるのですが、ご存知でしたか?
ドライでは無理でも水洗いならニオイが取れることもありますのでクリーニングに出すときは水洗いを指定してみて下さい。

そしてご自宅で出来ることといえば、ニオイが強く残る、たとえば下着や肌着など直接肌にふれるものは、洗濯前に
塩素系の漂白剤に漬け置きすると、殺菌もできてニオイもかなり抑えることが出来ます。
また酵素系漂白剤と通常の合成洗剤を併用することでも、除菌効果やニオイを抑えることが出来ます。
これは洗濯前に浸け置きするより手間はかかりませんので便利ですね。

そして洗い上がったら、日光でしっかり天日干しにすると
より効果が増します。
洗濯が仕上がったのに、なかなか干さずに放置しておくと、細菌がどんどんと繁殖し、イヤなニオイになってしまいます。

また衣類は、洗濯機にためないようにしましょう。
これは洗濯かごなどの細菌の増殖をできる限りおさえ、洗濯機の中に細菌が増殖するのを防ぐことにもなるからです。

汗自体はもともとニオイがないのですが、時間がたつと皮膚の雑菌とまじり酸化してニオイとなります。

こまめに汗を拭き取るようにして、水分はしっかりとりましょう。
水分は控えるとかえってより強いニオイの汗が出るので、補給することも大切なこととなります。

体臭カウンセラー 舌間忠利
株式会社多磨 代表
体臭カウンセラー 舌間忠利
体臭(ワキガ)の問題は、とてもデリケートな問題ですので、ご家族や親しい友人にもなかなか相談できないものです。
お一人で悩み抱え込まれないで、どんなことでもご相談下さい。
私と一緒に明るい明日を手に入れましょう。

関連記事

TOP