ワキガの基礎知識と正体

夏より冬の汗のほうが体臭(ワキガ)は強くなる?

汗は夏というイメージが強く、また何もしていなくても汗がでますから体臭(ワキガ)を気にしている人だけでなく、どなたでも汗の対策はなにかしらしていますね。

ですが、本当は冬の汗のほうが体臭(ワキガ)を強くしてしまう要素があるんです。

寒い季節になると、私たちの身体を守る為に体温をあげようとします。

なので、暖房の効いた部屋では、少し動いただけでも汗をかきやすくなってしまいます。

そしてその汗が着込んだ衣服でこもってしまい、逃げ場のないニオイとなって残っていきます。

特に脇は肌に密着しているので、ニオイが強くこもりがちです。

 

また衣服につくニオイは取れにくいので、デオドランドなどでケアしていても衣服から臭ってしまいます。

 

さらに冬は寒さからどうしても運動不足になりがちなので、汗腺が衰えてしまうんですね。

そしてそれは皮膚の雑菌と混ざりやすいべたついた汗の原因となってしまいます。

少しの時間でもいいですから、定期的に運動をして汗腺を鍛えることです。

そうしてサラサラの汗を手にいれましょう。

体臭(ワキガ)を軽減することができます。

その為には、水分補給も大切です。

体内の水分不足は、汗の塩分濃度を高めてしまいべたついた汗のもとになりがちです。

また水分補給は、コーヒーやジュースなどよりもミネラルウォターなどの常温の水がお勧めです。

体臭カウンセラー 舌間忠利
株式会社多磨 代表
体臭カウンセラー 舌間忠利
体臭(ワキガ)の問題は、とてもデリケートな問題ですので、ご家族や親しい友人にもなかなか相談できないものです。
お一人で悩み抱え込まれないで、どんなことでもご相談下さい。
私と一緒に明るい明日を手に入れましょう。

関連記事

TOP